融資を受けられる事業計画書

事業計画書は融資に必須!でもそれだけでは融資は得られません!

信憑性のある事業計画書・経営改善計画書を作成する

銀行融資とは、銀行内部では、「与信行為」と言われており、言い換えれば、銀行に信用してもらえないと、銀行融資やリスケジュールに応じてもらえないということです。

したがって、信憑性のある事業計画書・経営改善計画書を作成する必要があります。

例えば、以下のような事業計画書・経営改善計画書は銀行に信用されやすいと言えます。

  • 「自社の強みをどのように活かしていくのか、弱みを把握して、どのように改善していくのか」を説明できている
  • 売上計画の算出根拠がしっかりしている
  • 計上されるべき経費が、しっかりと見積もられている

逆に、できる限りの経費を圧縮して、経営努力をしていても、以下のような事業計画書や経営改善計画書は、銀行に信用されません。

  • 自社の強み、弱みを把握していない場合
  • 売上計画の算出根拠が、現実と乖離している場合やあいまいな場合
  • 売上にともなって変動する経費が、変動せず一定額が計上されている場合
  • 非現実的な経費圧縮をしている場合

以上の点に注意して説得力のある事業計画書・経営改善計画書の作成を心がけてください。

自分の言葉で、事業計画書・経営改善計画書を説明する

事業計画書や経営改善計画書の記入例を、ホームページなどで紹介している銀行があります。参考にはなりますが、記入例とおりに記載されている、あるいは、ちょっと手を加えただけの事業計画書や経営改善計画書は、読む側(銀行)に経営者の熱意は伝わらない場合が多いのも事実です。

例えば、

  • 起業や新規事業に際しての事業計画書が、記入例とおりに記載されている場合

    →思い付きで起業(創業)や新規事業への進出を考え、市場調査や競合商品(サービス)の調査が不十分ではないか?と銀行に思われてしまいます。

  • 経営改善計画書が記入例とおりに記載されている場合

    現在の経営状況を十分に経営者が把握できていないのではないか?と思われてしまいます。

事業計画書や経営改善計画書の記入例は、参考にするだけで、自分の言葉で説明をして経営に対する熱意を伝えられる必要があります。

成功するストーリーだけでなく、失敗しないためのストーリーを考える

失敗しないためのストーリーとは、起業や新規事業に関するリスクを把握して、いくつかのストーリーを描くということです。

銀行は、起業(創業)や新規事業の事業計画書を、「こうなった場合は、起業(新規事業)は、大丈夫なのだろうか?」という視点で審査をしたりします。

銀行の担当者に、「こういう場合は、どうされますか?」と質問された時、経営者の方が、しっかりと答えられないと、信頼性が低下してしまいます。