申告義務がある人は?

確定申告の義務があるのは以下の方々です。

個人事業主 個人事業主の人は収入額や経費、控除額などを元に自分で税金の申告を行わなければなりません。
会社員
  • 給与収入が2,000万を超える方
  • 給与以外の所得が合計20万を超える方

など

公的年金等の受給者 所得控除を差引いて残額がある方
※源泉徴収されている方は必要ありません。
退職金の受給者 所得控除を差引いて残額がある方
※外国企業から受け取った退職金など、源泉徴収されないものがあります

会社員の方は通常会社が年末調整を行っていますので確定申告をする必要はありません。

※なお、平成23年度税制改正により公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、その年金以外の他の所得の金額が20万円以下の者について、確定申告不要制度が創設されました。

上記以外にも確定申告をする必要がある場合もございますので、お心当たりのある方はお気軽にお尋ね下さい。