青色申告

ここでは、青色申告に関してご説明いたします。

確定申告には、「青色申告」と「白色申告」の2つの申告方法があり、自分でどちらかを選ぶことができます。

但し、青色申告をするには、青色申告をしようとする年の3月15日までに、また、その年の1月16日以後に開業した人は、開業の日から2ヶ月以内に「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出する必要があります。

白色申告は簡易的な帳簿への記帳で済みますが、青色申告はより厳密な帳簿への記帳義務が生じます。その分きちんと申告することで、以下のようなメリットを享受することができます。

青色申告をするメリット

  1. 最高65万円が所得から控除される。

    複式簿記により青色申告をした場合には、最大所得から65万円の控除を受けることができます。しかし、複式簿記による記帳がない場合には、10万円しか控除されません。

  2. 赤字が出たら、翌年に繰り越すことができる。

    赤字が出た場合に、3年間にわたり各年の黒字と相殺することができることや、前年が黒字の場合には当年の赤字を繰り戻して、収めた税金の還付を受けることができます。繰り越すか、繰り戻すかは比較し、有利になる方を選びましょう。

  3. 家族への適正な給与額が全額必要経費になる。

    次に当てはまる場合、家族への適正な給与額を全額経費にすることができる。

    • 事業主と生計を一にする配偶者・親族
    • その年の12月31日現在で年齢が15歳以上であること。
    • 6ヶ月超、その事業主の営む事業に専ら従事していること。

    *但し「青色事業専従者給与に関する届出書」をあらかじめ税務署に提出する必要があります。

  4. 30万円未満の減価償却資産を一括経費にすることができる。

    30万円未満の減価償却資産を合計300万円まで経費にすることができます。こちらは平成28年3月31日までの期間限定の特例措置となります。

  5. 貸倒引当金を経費に繰り入れることができる。

    貸し倒れ(回収不可)による損失の見込み額として、年度末に売掛金があった場合、その合計額の5.5%までの金額を経費に繰り入れることができます。