相続ブログ

小説

コンパニオン税理士【第七十二話】~もう一つの夢~

2014年10月14日

京都の税理士が綴るリアルな小説「コンパニオン税理士」

【第七十二話】~もう一つの夢~ 

 

週に一度、小説「コンパニオン税理士」を連載しております。

小説といっても、随筆のようなもので、私たちが経験した実話を題材にした小説です。
主人公は安田希子ちゃん。
夜はホステスをしながら、お昼は新人税理士として谷本先生の事務所で働いています。



(このお話はフィクションです。)

 

 
 私、マジシャンになります。

 昨日の台風も過ぎて秋晴れのある秋の午後、谷本先生は、昨日、遅くまで飲み会があったせいか、机の前でうつらうつらされています。  
「谷本先生。」
私は、先生の方をたたいて起こします。  
「何だ、季子ちゃんじゃないか、どうしたの?そんな真剣な顔をして。」
寝ぼけた声で先生が答えます。  
「先生、ちょっと、お話があるのです。」  
「大切な話?」  
「そうなんです。」  
「じゃ、会議室で話そうか。」  
先生と二人で、会議室に向かいます。  
「季子ちゃん、そこに座って。どうしたの?」  
私は、先生の顔を見ながら、「先生、私には小さな時からの夢があるのです。もうこの年になってしまうと、夢を実現する最後のチャンスかと思うのです。」
「へぇ、季子ちゃんの夢ってなんだっけ?税理士として、お客様企業のため、地域社会のため、頑張るのが夢じゃなかったの?」
「それは、大人になってからの夢なんですが、私には小さな時からの夢があったんです。先生と一緒に、昨年のクリスマスのディナーショーで、セロのマジック見ましたよね。私そのショーを見た瞬間、小さな時の夢が突然頭に中で暴れだして、我慢できなくなったんです。」
私は、昨年のクリスマスを思い出します。
今、思い出しても、胸が熱くなってしまいます。
「先生、私が小さな時憧れていたマジシャンになるのも、この年齢が最後のチャンスなんです。幸いにも、私の友人がラスベガスにいて、マジックショーの助手をしています。ヨンコさんって言うのですが、もし、ラスベガスに来たら、助手をしながら、マジックの勉強ができると言ってくれてるんです。私にとっては、これが最後のチャンス、先生、3年間のマッジック留学を許してください。」  
先生はポカンとした顔をして、「季子ちゃん良く考えていってるの?」とおっしゃいます。
私は、昨年のクリスマスからほぼ10ヶ月、頭の中に浮かんでくるマジシャンになる夢との戦いでした。
そして、夢が私に言います。
これが最後のチャンスかも、思い切って、一歩を踏み出せと。
「先生、10ヶ月悩みに悩んだ上の結論です。」
先生は、遠くを見つめるような目で、私におっしゃいます。
「夢は、大切やね。夢を見ないと成功はないものね。季子ちゃんがそこまで言うなら、僕は諦める。立派なマジシャンになって帰ってきて、コンパニオン税理士ではなくて、マジシャン税理士として頑張ってね。」
ということで、このコンパニオン税理士も、少しお休みをさせていただきます。

次は、マジシャン税理士として、また、再出発の日があると考えています。
ご購読、いただいていた皆様、本当にありがとうございました。

私は、いま、関西国際空港から、ラスベガスへ向けての出発です。
谷本先生も、見送ってくれています。
日本とも、しばらくお別れです。
谷本先生、本当にお世話になりました。

さぁ、ラスベガスで勉強するぞ!


 
 最後まで読んでくださりありがとうございました!

  • 相続ブログ一覧
  • 相続税Q&A
  • 相続についてのポイント
  • お客様の声
  • 小説

最新記事

以前の記事

RSS RSS

私たちにすべてお任せください

代表税理士
谷 明憲

相続は早めの対応が大切です。大切な家族に残すものだからこそ、時間をかけて想いを伝えましょう。

代表税理士 谷 明憲

弁護士
谷 憲和

相続や終活は自身の人生との対話でもあります。時間をかけて振り返り、上手な相続をしましょう。

弁護士 谷 憲和

税理士
林田 士郎

相続は被相続人と遺族の意思、事業の継承等重視しなければいけないことがたくさんあります。節税も含め最良の相続を一緒に考えましょう。

税理士 林田 士郎

相続相談窓口
橋本 滋美

めったにないことだからこそ、戸惑うものです。悩んだら、または悩む前に、まずご相談下さい。

相続相談窓口 橋本 滋美