2018年02月 | ためばな | 京都府向日市の税理士事務所 谷税理士法人

0120-927-578 お電話での受付時間 平日9:00~17:00
お問い合わせ

ためばな

谷税理士法人のためになる話「ためばな」。当事務所のスタッフが朝礼時にスピーチした「ためになる話」をご紹介しています。

2018年02月

「2018年02月」の記事を表示しています。

美容室での雑談

今日は先日、町内の用事で初めて立ち寄った魅力的な美容室の話をしたいと思います。
そこはお母さんと娘さんの2人でされている、こじんまりとした昔ながらのお店で、
店内も昭和の雰囲気そのままでした。

お客さんではないと分かった私にも満面の笑みで迎えてくれ、
座って座ってとお茶やらおまんじゅうやら出てきて、いろいろお話しさせてもらったのですが、
毎日いろんな世代のお客さんと接しているお二人は話の引き出しも多く、また聞き上手で、
数秒で終わる用事がついつい30分程経っていました。

経営者の一面もあり知識も豊富な上、気さくな人柄で相談相手になったりと、
そのお店全体のあたたかい雰囲気に、
来たお客さんはきっと自分と一緒でいい気分で帰られるのだろうなと思いました。

よく知らない相手と話をすることは難しいですが、
明るく楽しい話し方は人の心を和ませるのだなと改めて思いました
 




本日の発言者:松山

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

仮想通貨の取扱い

昨年からずっと仮想通貨に関して急騰や下落、流出といった話題で世間は持ちきりになっていますが、
我々にとっては、お客様が仮想通貨の取引をされたときにどう扱うか、ということが大事になってきます。

国税庁では、ビットコインなど仮想通貨に関する所得の計算方法を具体例で説明する
「Q&A」をホームページで公表しています。
その内容を簡単に説明させていただくと、そこには前置きとして
「ビットコインをはじめとする仮想通貨を売却又は使用することにより生じる利益については、
事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、
原則として「雑所得」に区分され、所得税の確定申告が必要」と書かれています。

但し、年末調整済みの給与所得者で、仮想通貨の売却又は使用による所得が20万円以下の方については、その他の所得が無い場合、確定申告は不要となります。

このQ&Aですが内容としては、①仮想通貨の売却 ②仮想通貨での商品の購入 ③仮想通貨の交換 ④仮想通貨の取得価額など計9項目の計算方法が書かれておりその中に、取引により得た所得については「申告分離課税ではなく、総合課税により申告が必要」と書かれています。

これから確定申告に時期に入りお客様と話す機会も多くなってきます。
話題が仮想通貨のことになる可能性が高いので、一度目を通して置かれてはいかがでしょうか。
 




本日の発言者:松本
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

RECENT ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ

ARCHIVES
過去の記事