2021年04月 | ためばな | 京都府向日市の税理士事務所 谷税理士法人

0120-927-578 お電話での受付時間 平日9:00~17:00
お問い合わせ

ためばな

谷税理士法人のためになる話「ためばな」。当事務所のスタッフが朝礼時にスピーチした「ためになる話」をご紹介しています。

2021年04月

「2021年04月」の記事を表示しています。

ランニングコスト

皆さんは新聞を定期購読されていますか?
ランニングコストについて考えたとき新聞を定期購読しているけれど、毎日読んでいるかと振り返ってみると見ないまま積み重なっている日もあることがわかりました。
テレビやスマホなど手軽に情報を得ることができるので、新聞がなくても困らないと感じました。
大きな見出しはテレビでもネットでも新聞でも同じです。興味のある記事はネットで検索すればすぐに出てきます。しかし興味のない記事を見ることはありません。
その点新聞は新聞社によって取り上げる記事は異なりますが、様々な記事を目にすることができるという良い点もあります。
主婦としてはスーパーのチラシを見る楽しさもあるのですが、そのチラシもネットで見ることができます。
スマホやタブレットがあればたいていのことは足りてしまいます。
逆にスマホがなければ困ってしまう人は多いのではないでしょうか?
会社の経費と同じように家計においても携帯電話の格安プランを利用したりなくても困らないものは何か、いい点と悪い点を比較しながら検討しランニングコストをいかに抑えていけるか、考えていきたいと思いました。
 




本日の発言者:大村
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

人工光合成

トヨタ自動車グループの豊田中央研究所が太陽光を使って水と二酸化炭素から有機物を生成する「人工光合成」の効率を世界最高水準まで高めることに成功したと発表しました。この人工光合成は半導体と分子触媒を使用し、二酸化炭素(CO2)の還元反応と水(H2O)の酸化反応を行う電極を組み合わせ、太陽光を当てギ酸(HCOOH)を合成するとのことで、生成を行う「人工光合成セル」と同じ面積のスギ林と比較した場合、CO2吸収量は約100倍になるそうです。
温室効果ガス削減につながるほか、生成したギ酸から水素を取り出し燃料電池の燃料に使うこともできるそうです。
先日、菅総理が温室効果ガスの削減目標を2030年時点で2013年度比46%と公表しました。この目標を達成するための議論はどうしてもエネルギー使用量の制限といった安易な方向に向いがちですが、こういった新技術で違うアプローチができるようになるのはとても良いことだなと思いました。
企業経営においても、利益を上げるために安易なコストをカットするよりも売上アップを図るほうが良いと思います。私もお客様の売上げアップに貢献できるようなお手伝いをできるようになりたいと思いました。




本日の発言者:大原
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

令和3年税制改正

今日は令和3年度の税制改正の法案が3/26に可決、成立したので、そのなかの一つの中小企業の所得拡大促進税制の適用要件の見直しについてお話させて頂きます。
ざっくりいいますと、まず現状では中小企業がその年に支払った給与が前年の給与の額を超えていることという要件と、その年に雇用保険の被保険者である従業員に支払った給与が前年度比1.5%以上増加していれば、先ほどのその年に支払った給与が前年の給与の額を超えた金額の15%を法人税額から控除できます。控除限度額と上乗せ要件は無視して話させて頂きます。
これが改正後は雇用保険の被保険者の従業員への給与の比較の要件がなくなり、
その年に支払った給与が前年度比1.5%以上となっていれば、税額控除が可能となります。
つまり役員を除く全従業員の給与の比較だけをすればよいので、要件が簡素化されました。
また控除額の計算方法は現行と一緒で、令和3年4/1開始事業年度から適用されます。
 
新型コロナウィルスの影響により雇用環境が悪化し、失業率も増えているため、雇用を増やすことで所得拡大を図る企業を評価できるようにというのが改正の背景にあるようです。
雇用の確保、人材の育成というのは中小企業の経営者様にとっては重要なことであるため、そういう税制上の優遇措置を活用することで、少しでも経営者様のサポートをしていければいいなと思いました。
 




本日の発言者:池浦
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

ヒヤッとした出来事

近頃の冷凍食品の充実は驚く程で、お弁当のおかず用だけでなく、パスタ、チャーハン、おにぎりなど手軽に食事を取ることができます。コロナ禍にあり、主人は在宅勤務が多くなり、冷凍庫に冷凍食品を常備しています。
 そんな便利な冷凍食品ですが、先日パスタを食べようと準備をしていると「何か焦げ臭くない」とレンジを開けると、中から煙とパスタは外装の端が燃えているではありませんか!
慌てて消化をしたのですが、燃えた原因は外装から出さずにレンジにかけてしまっていました。スーパーで売っている総菜や弁当など、そのままレンジにかけられるものもあるので、無意識、うっかりとしていました。
今回は大事に至らなくて良かったですが、小さなミスが大きな事故につながることもあるので、注意をしないといけないと思いました。仕事においても慣れによるケアレスミスが大きなミスにつながる事もあるので、新年度になり気持ちを引き締めて仕事に取り組んでいきたいと思います。
 




本日の発言者:大野
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

キャッシュレス化

 最近の子供のお小遣い、親がどうやって渡しているかご存知ですか。
先日、私の担当先の社長から息子の小遣いをペイペイで送金していると聞かされ驚きました。
ペイペイでの送金が基本的にペイペイアカウントを持っている者同士であればできるらしいのです。これならば、いちいち小銭を渡す必要ないし財布にお金が入らないから盗られる心配も無いということです。体育の授業時間にお金が盗まれるなんてことが無くなるのです。また、購入履歴が残るので親も子も何に使ったかわかるので、それぞれがお小遣い管理しやすいのも良いみたいです。セキュリティさえしっかりしていれば、逆に安全で使い勝手がいいのかもしれません。但し、実際にお金を出して払わないので金銭感覚が麻痺して簡単に使ってしまうデメリットもあるようです。
 このキャッシュレスによる送金システムを私達の給与にも導入をする動きが政府のほうであるようです。
 スマートフォンの決済アプリなどで受け取れる「デジタル給与」の解禁を検討しているとのことです。キャッシュレス決済の利用拡大や、外国人労働者の利便性を高める狙いがあるようです。実現すれば、給与は企業から従業員のスマホのアプリに送金されます。「ペイペイ」や「楽天ペイ」などか代表的なものとなります。給与を引き出すためにATMに行く手間が省けるほか、買い物や公共料金の支払いなどもスマホで行いやすくなるというのです。また、政府は、銀行口座の開設に手間がかかる外国人労働者のメリットも大きいとみているようです。この外国人労働者の口座開設、担当先の人材派遣会社の社長によると結構大変みたいです。開設に消極的な金融機関が多い中、今は何とか退職する時には解約することを条件に開設できているとのことです。
 しかしながら、この「デジタル給与」を実現するには、法改正、安全性や補償等をどうするかまだまだ議論を重ねないとならない部分は多いようです。
 コロナ禍の中、できるだけ現金に触れないでいたい人が増える傾向も後押しし、会社から社員のスマホ決済アプリへ給与が送金される日が近い将来くるかもしれません。
 




本日の発言者:吉田
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
最後まで読んでいただきありがとうございます。
京都で税理士をお探しなら↓
京都 税理士

相続でお悩みの方は↓
京都 相続

 

RECENT ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ

ARCHIVES
過去の記事